デリヘル嬢は死ぬかもしれないし、風俗店は閉店するかもしれないが、体験談は生き続ける。

暑い日の時のデリヘル利用

デリヘルを利用すると、暑さを忘れて熱中することがしばしばです。暑い日を選んで、デリヘルを利用するというのは、相手の女の子にとっては嫌がらせかもしれません。私は貧乏なので、部屋にエアコンの類はなく、扇風機ぐらいしか温度を下げる手段がないからです。

来てもらったデリヘル嬢には、暑さで大変な思いをしている女の子が、中にはいるかもしれないということを理解しています。でも、女の子には悪いですが、汗だくまみれでお互いがエッチなことをするというのは、悪くないと最近気づきました。

汗というのは、男の私の場合、むわんとしたようなすえた匂いですが、女の子は汗までいい匂いです。その二つが混ざり合うと、部屋の中の温度が上がるとともに、快感を増すフェロモンのようなものも、充満する気がします。

ローションなどの道具を使わなくても、エッチな行為での興奮を、手助け手してくれるのが、汗なのです。また暑い日を狙って、デリヘルを使いたい気持ちになります。

援交よりもデリヘルが満足できる

今まで援助交際で気持ちのよいことをしてきたのですが、どうも満足できなくなってきて、やはりプロの女の子にサービスしてもらった方が満足できるのかなと思い始め、岡山のデリヘル店を探すようになりました。

どんな女の子が来るのかわからないよりもある程度自分で選べるほうが失敗が少ないように思えたのです。そしてちょっと童顔が感じの女の子を選び、自宅まで足を運んでもらうこととなったんです。デリヘルの女の子がどんな風にしてくれるのはとても興味がありました。

部屋にあがってくると、まずは軽いお話をしてちょっとリラックスしたころにいよいよという雰囲気になり、まずは彼女が服を脱がせて欲しいといってきたのでシャツとスカート、そしてブラまで外して大人の女の体を堪能です。

おっぱいが大きめで形がよいので触らせてもらい、この柔らかさがまたたまらないのです。すぐに行為かと思いきや、シャワーを浴びることになり、お互いに体を洗ってきれいになったあとでお部屋でのエッチが始まりました。

フェラがあまりにも上手なのにはびっくりでしたが、最も気持ちがよかったのは素股であり、本当に挿入しているのかと思ってしまうほどでした。デリヘルサービスすっかり気に入ってしまいました。
岡山デリヘル[駅ちか人気デリヘルランキング!!]

5回目になるデリヘルの女の子

50歳を過ぎても若い女の子が大好きで、遊んで欲しいという気持ちをずっと持っています。彼女も妻もいない独身なのですが、デリヘルがあればそんな欲求を満たしてくれるので満足しているのです。

そして今日もお気に入りのデリヘルの女の子をリピートしました。もうすでに5回目であり、お互いのことがわかってきていますので気が楽ですし、緊張することなくいちゃいちゃできるようになり、まるで彼女ができたかのような気分になれます。

彼女とは一緒にお風呂に入っていろいろなことを話します。娘のようにかわいがってしまうのですが、お風呂を出るといつもフェラをしてもらい、その後でシックスナインをするようにしています。

彼女はアソコを舐めてもらうのがとても好きで喜んでくれるのです。口でやった後はGスポットを刺激して指で彼女をイカすようにしています。彼女は最後は素股で自分を絶頂の気持ちよさまでじっくりと導いてくれるのでとっても満足できるのです。